おしゃれで可愛いアクセサリーをハンドメイドで作れるようになったら、自分好みのアクセサリーをたくさん作ることができますね。

もっと楽しみたい!と思ったら、こんなふうにお花のパーツを自分で作れるようになるんですよ^^

とはいえ、まずは何から手をつけたらいいの?というあなたに、アクセサリー作りの始め方をお伝えしたいと思います。

アクセサリー作りに必要なのものは、道具と材料

アクセサリー作りに欠かせないものは、道具と材料です。

どんなアクセサリー作りをしたいのか?によって、そろえる道具はいろいろです。

でも、ビーズを使ってアクセサリーを作るなら、これは必須!の道具、ニッパーをここでは紹介していきますね^^

その他の道具、材料については別の機会にお話しします♪

ニッパーは切る作業に必ず必要です。

アクセサリーは、金属製のピンを使ったり、ワイヤーを使ったり、テグスという透明な糸を使うことが多いです。

(他にはナイロンコードワーヤーなども^^)

このピンや、ワイヤー、テグスなどは頻繁に切る作業があります。

このときに、使うのがニッパーという道具♪

ニッパーを選ぶときのポイントは次の3つです。

1、噛み合わせ部分がぴったりと合っていること

2、刃先が鋭くとがっていること

3、小さい力でカットできるバネ付きのものを選ぶこと

ニッパーといっても、いろんな種類のものが売られていますが、この3つを最低限クリアしていれば大丈夫ですよ^^

ちなみに、このポイントにも、それぞれ理由があります。

この理由がわかっていると、自分に落とし込んでニッパー選びができるので、知っておくといいですよ。

噛み合わせ部分がぴったりあっていること

左右の刃で切ろうとしたとき、刃がぴったりと合わないと、綺麗に切ることができません。

刃先にほんの少し隙間があったり・・

刃こぼれしていたり・・

細いワイヤーやピンなどを使うアクセサリー作りにとっては、このちょっとの隙間で作業がやりにくくなってしまうのですね。

よく、おさがりの道具を使っている方もいますが、ニッパーだけでも新品のものを使われた方がいいと思います^^

刃先が鋭くとがっていること

細い作業がつきもののアクセサリー作りでは、狭いところから出ているワイヤーを切らなければならない!ということがよくあります。

ニッパーは刃先で切らなければならないことがよくあります。

なので、刃先は鋭くとがっているものを選ぶと、作業がやりやすくなります。

ちなみに、テグスは手芸用の小さなハサミでも代用することができますが、ワイヤーはハサミで切るものではありませんので、必ずニッパーを使いましょう^^

小さい力でカットできるバネ付きのものを選びましょう

アクセサリー作りをしていると、何回も何回も使うのがニッパーです。

さらにワーヤーやピンをたくさん使うアクセサリーになると、切る回数も多くなりますよね。

そんなとき、なるべく小さな力でカットできるニッパーだと、作業していても疲れないし、苦痛に感じません。

小さな力でカットできるニッパーとは、バネがついているニッパーのことです。

(バネがありますね^^)

アクセサリーを作るためのニッパー(アクセサリー材料屋さんに売っているもの)は、たいていのものはバネがついています。

でも、例えば、アマゾンでニッパーを買いたい!となったとき、たくさんの種類の中から選ばなければなりませんよね。

アマゾンでニッパーと検索してみると、5107件も出てきます!(今日現在)

その中にはバネがついていないものもたくさんあるのですね。

女性が手軽に趣味として楽しむアクセサリー作りだからこそ、道具で苦労することは避けたいですよね^^

ニッパーは消耗品

どんなに丁寧に扱っていても、ニッパーは刃物ですから、消耗品なのです。

金属のピンやワイヤーをたくさん切っていると、どうしても刃がボロボロになってしまうのですね。

最近どうも切れにくいな〜、気持ちよく切ることができないな〜、と感じてきたら、それはニッパーの替え時です^^

なので、ある程度たったら買い換える!というつもりでニッパーは購入した方がいいですよ。

ニッパーを長く使うためにも

ニッパーは消耗品と書きましたが、道具はなるべく長く使いたいもの^^

長く使うための工夫も必要です。

まずは、切り方の工夫について。

太いピンやワイヤーを切るときは、なるべく刃の根元の方で切りましょう。

細いワイヤーの場合は、刃の先端が切りやすいです。

太いピン・ワイヤーを刃先で切ってしまうと、刃先に負荷がかかってしまって、刃がボロボロになってしまいます。

刃のどこで切るか?も考えると、より長くニッパーがもちますよ^^

続いては、保管の工夫についてです。

アクセサリー材料店で売っているニッパーは、たいていニッパーだけでしか売られてません。

保管するときもニッパーの刃がむき出しのまま、道具箱やポーチに入れている方も多いのでは?

でも、そのままだと、刃の先端が欠けてしまったりすることがあります。

ニッパーの刃先にかぶせるカバーがあるといいですね。

布で包んだり、道具ケース(仕切りがあるタイプ)に入れて保管するといいですよ^^

ちなみに、下の写真、右下に見えるのが仕切りがあるタイプの道具ケースですね♪